自分で浮気調査をするには、どんな方法がある?

配偶者が浮気をしている疑惑が持ち上がったとき、あなたならどういった行動をとりますか? 黙って見て見ぬ振り? 泣き寝入り? おさまるのを待つ? 自分も仕返しに浮気する? それよりももっと、配偶者をこらしめる方法があります。
それは、浮気の証拠を掴むこと。

そしてその証拠をもとに何らかの行動(離婚を求める・慰謝料を請求する)をとることです。


浮気の証拠がしっかりあるならば、慰謝料50万~300万円を請求できる可能性があります。

今回は、自分で浮気調査をする方法を簡単に解説していきますので、浮気の証拠をどうしても掴みたいという方は、ぜひ参考に行動してみてください。

自分で浮気調査をする方法とは?

自分で浮気調査をする方法はたくさんあります。今回は、代表的な7つの方法を解説していきます。

1. レンタル、購入したGPSを使用して対象者の足取りをたどる

まずは、GPS発信機を使って浮気調査をする、という方法があります。GPS発信機はネットなどで簡単に購入することができます。

GPS発信機をとりつけることができたら、対象者がどこでいつ何をしていたのか、足取りをおうことができます。

浮気相手の自宅や、浮気相手とよく利用しているホテルなどを確認することができれば、浮気の証拠を掴むのは簡単です。ただし、GPS発信機は、自分の持ち物だけにしかけるようにしましょう。


たとえば、夫婦共同名義の車などに仕掛けるのがよいでしょう。浮気相手・浮気疑惑のある相手の車に仕掛けるのは、プライバシー侵害となってしまいます。


2. 対象者の持ち物や自家用車に録音機を仕掛ける

対象者の持ち物や自家用車に録音機・盗聴器をしかける、という方法もあります。
盗聴器を使えば、対象者と浮気相手の浮気時の会話を録音できる可能性があります。

盗聴器を購入することは犯罪ではありません。

ですが、盗聴器を他人の敷地内などに仕掛けた場合、住居侵入罪などに問われる可能性があるので注意が必要です。


違法に入手した浮気の証拠は証拠として認められないどころか、逆に訴えられてしまう可能性がありますので、節度を持って浮気調査に臨みましょう。


3. 対象者の財布内のレシートやクレジットカードの明細から、お金の動きを調べる

クレジットカードの明細をチェックしたら、お金の動きを知ることができます。

たとえば、出張だと言っていた日に箱根の温泉に宿泊していた、などの場合、浮気をしていた可能性が高いと言えるでしょう。
また財布の中のレシートもチェックしてみましょう。異性のためのプレゼントの領収書などが出てくる可能性があります。


4. 対象者のスケジュール帳などから予定を確認する

対象者のスケジュール帳などから予定を確認しましょう。

スケジュール帳を確認することができない場合は、グーグルカレンダーなどをチェックするのも一案です。

人によっては、パソコン内のGoogleカレンダーに予定を書き込んでいる場合もあります。
「○○と会う」というふうにそのまま記すのではなく、何らかのマークで表記してある場合もあるので、意味のわからないマークや印がないかにも注目しましょう。

5. 対象者のスマホからメール、SNSなどをチェックする

対象者のスマホからメールやSNSなどをチェックしましょう。

ラインなどのメッセージアプリや、SNSのツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのダイレクトメッセージは、浮気相手と連絡をとる手段として頻繁に使われます。


更に言えば、SNSは浮気相手との出会いの場所でもあります。フェイスブックで元恋人を探して連絡をとっているうちに浮気に発展した、という事案は珍しくありません。

また、ツイッターで共通の趣味の人と出会ったり、インスタグラムで美男美女を見つけて連絡をとったりしたことから、ただならぬ関係になる、ということもあります。SNSは必ずチェックしましょう。

6. 対象者のスマホに浮気調査アプリを仕込む

対象者のスマホに浮気調査アプリを仕込む、というのも一案です。

浮気調査アプリとは、GPS機能が付いていたり、隠し撮り機能、隠し録音機能などがついたものです。


ただし、こういったアプリを対象者の同意なしに対象者のスマホにダウンロードするのは違法行為ですから、法廷の場所で提出する証拠には使えません。


7. 対象者のスマホやパソコンのサイトの閲覧履歴から、浮気の痕跡を探す

対象者のスマホやパソコンのサイトの閲覧履歴を確認してみましょう。

浮気相手とのデートスポットについて調べていた場合、その履歴が残っているかもしれません。閲覧履歴だけでなく、検索ワードの履歴も要チェックです。

ただし、スマホやパソコンの履歴を調べるためにログインが必要な場合、IDやパスワードを調べて勝手にログインするのは不正アクセス禁止法違反になるので注意しましょう。

さいごに

今回は、自分で浮気調査をする方法を7つご紹介してきました。
自力での浮気調査は、安価にできる、人に知られずに調査をすすめられるというメリットがあります。


ただし、素人の尾行や盗撮などはバレやすい、というリスクもあります。ですから、バレずに浮気調査を進めたいと考えているならば、興信所や探偵事務所などのプロに頼んだ方が早い場合もあります。

ただし、プロに依頼すると何十万もお金がかかってしまうことは珍しくありません。一長一短ですから、自分でじっくり考えて選びましょう。

■ 関連する記事